私ってニオッてるの?

目に見えないうえに気軽に確認しづらいのがブレスケアの難点ではないでしょうか?

だからこそ、自分はどんなときにニオいやすいのか把握しておくことがよいでしょう。

ニオイのタイプをチェックして、意識を高めましょう。

ニオイのタイプチェック
  1. ☐ 虫歯や歯周病がある
  2. ☐ 歯医者さんに半年以上通っていない
  3. ☐ 病気(風邪など軽い症状も含む)にかかっている
  4. ☐ 妊娠中もしくは更年期など、ホルモンでの体調の変化を感じている
  5. ☐ アルコールやニンニクなどニオイのする飲食物が好き
  6. ☐ タバコをよく吸う
  7. ☐ 朝起きたときに口が渇いていたり、ネバネバ感がある
  8. ☐ 1日に食事を3食以上取らない
  9. ☐ 睡眠不足である

そもそもなんでニオうの?

お口のなかにいる細菌が残っている食べカスや粘膜細胞のタンパク質を分解してガスを発生させ、ニオイとなります。だ液で口内がうるおっていると細菌が活動しにくい環境を保つことができますが、乾いてきたり、だ液がネバつき出すと、細菌が活動モードに入ります。口臭には種類があり、誰にでも起こるもののほかに、病気などによる可能性もあります。

1or2にチェックが付いたら

ケア不足タイプ

口内トラブルを抱えると口内環境は乱れやすく、ニオイの発生源となりがちです。また、歯医者さんへ行っていないことで、セルフケアでは届かない部分に汚れが残っている可能性もあります。

3or4にチェックが付いたら

身体の不調タイプ

糖尿病など大きな病気だけでなく、風邪や鼻炎など身体の不調がニオイの発生につながる場合があります。またホルモンバランスの乱れがニオイの要因となることがあります。

5or6にチェックが付いたら

嗜好品タイプ

そのもののニオイが強いものは、ほどほどの摂取では問題ありませんが、ニオイの強さと口内乾燥が重なると口臭を引き起こすことになります。適度な量と水分摂取を意識するのが大切です。

7or9にチェックが付いたら

ドライマウスタイプ

口のなかの乾きは細菌の大好物です。慢性的に口のなかが乾いている可能性があります。だ液がネバネバしてきたら要注意です。水分補給をしたり、ガムを噛んでだ液を出すなどトライしてみてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. もとから断つには、まず歯周病を治す

  2. 本人では気づきにくい口臭はどこからやってくる?

  3. じつは女性のほうが口臭が多い?

  4. 口臭を予防してお口もからだも元気に!

  5. 口臭の悩み

  6. 口臭予防の基本とは?