もとから断つには、まず歯周病を治す

お口のニオイならミントガムでも噛んでおけば、ごまかせるなどと考えていませんか?

歯周病の方は、ニオイのもとをお口に温存したままミントの香りを加えても、ガスとミントの混ざった複雑な香りができあがるだけです。しかも、ほんの一時しのぎです。

健康なお口の方にも、軽い口臭があります。それは、どんな人のお口のなかにも細菌がいるからなんです。その細菌が出すガスというのが生理的口臭の原因なんです。

では、健康なお口ではない歯周病の方の口臭とでは、なにが根本的に違うのでしょうか?

健康なお口には、歯周病菌などの細菌の巣が、歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)のなかにそれほどありません。細菌の供給元がないおかげで、食事で舌が盛んに動き、食べ物とこすれて舌苔(細菌や食べかす、はがれた粘膜などが舌の表面に付着してできた白い苔状のかたまり)が落ちると、細菌もいっしょに胃袋へと流されていきます。また、歯磨きでお口のなかがきれいになると、細菌の数がガクッと減ります。そのためガスもたいして産生されず、ふだんの生活で私たちの嗅覚では感じない程度の口臭しかしない、という状態を保つことができるのです。

一方、歯周病のお口には、歯と歯茎の間の溝に歯周病菌などの細菌の巣があります。その巣のなかは、細菌がどんどん繁殖し、貯蔵庫のようになっています。歯磨きで歯の表面がピカピカになっても、歯周ポケットの奥に隠れた細菌の貯蔵庫があるので、すぐに舌の上にも細菌が供給されて、揮発性ガスをさかんにつくるのです。

舌苔はデコボコしていて、汚れがくっつきやすく、細菌にとっては居心地のいい場所です。舌苔が口臭の原因だからといくら舌の掃除をしても、おおもとの歯周病を治さないままでは、細菌が次々供給されるので、揮発性ガスはいつまでたっても止まりません。

ミントの香りには、たしかに一定のマスキング効果がありますが、細菌の出す揮発性のガスと混ざれば複雑な香りになるだけです。しかもそのマスキング効果は一時的。始終ガムを噛んでいるわけにもいかないでしょう。

口臭のニオイ物質である硫化水素は、濃度が高ければ生死に関わるような有毒ガスです。お口から揮発するガスは濃度が低いので心配はありませんが、だからといって気づかないままずっとお口のなかに有毒ガスを発生させる細菌の巣を温存していては、体にいいわけがありません。

ご自身の口臭が気になっている人、また口臭を指摘された人は、まずは歯科医院で検査してもらって、歯周病であれば、忙しくても通って、しっかり治してニオイのもとを断ちましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. じつは女性のほうが口臭が多い?

  2. 本人では気づきにくい口臭はどこからやってくる?

  3. 口臭の悩み

  4. 私ってニオッてるの?

  5. 口臭予防の基本とは?

  6. 口臭を予防してお口もからだも元気に!