じつは女性のほうが口臭が多い?

歯周病菌は女性ホルモンが大好物。

そう聞くと、女性の方はびっくりされると思います。

じつは、紛れもない事実であって、女性ホルモンと歯周病菌は密接なつながりがあります。

生理前や生理中、いつもより口臭がひどくなっていると気にしている人は意外に多いのではないでしょうか?

それは、生理で女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)がお口のなかに増えることによって、歯周病菌が反応し、増殖して悪さをするからです。

男性に比べて女性が歯周病にかかりやすいといわれているのは、そのためです。

なので、思春期や妊娠期、更年期など、女性ホルモンが急激に変化をする女性ならではの各ステージにおいて、口臭がひどくなるのは当然のことなのです。

思春期は少女から大人の女性になる時期なので、女性ホルモンが急激に増え、それに伴って歯周病菌も増加します。

だから、思春期の女の子には、男の子よりも口臭があるものなのです。

もしも、思春期のお子さんがいらっしゃるのであれば、口臭を感じたとき、「ちゃんと歯を磨きなさいよ!」と頭ごなしに叱らないで、このことをそっと教えてあげてください。

逆に、更年期になると女性ホルモンが急激に減少します。

それだけを聞けば、今までの流れからすると、歯周病菌も減るのでは?と思ってしまいそうですが、残念ながらそううまくはいかないのです。

年齢を重ねるごとに、だ液の分泌力は減少し、更年期になるとだ液量が低下するために、ドライマウスになってしまいます。

すると自浄作用が衰え、口腔内が荒れたり、歯周病になったりしやすいのです。

そして、もっとも歯周病になりやすいと言われているのが、妊娠中です。

妊娠中は女性ホルモンの分泌がぐんと増えるので、歯周病菌も増えます。

さらに、つわりで食べなくなったり、食事が偏ったりすると、お口のなかのバランスが大きく変化してしまいます。

すると、知らないうちに歯周病菌に侵されて、歯や歯茎のトラブルが慢性化するというケースもあるのです。

特に怖いのは、歯周病の妊婦は、赤ちゃんが早産になったり、低体重になったりするリスクがあるということです。

また、赤ちゃんにうつしてしまう可能性もあり、決して安易に捉えてはいけませんね。

女性の方はホルモンステージによってオーラルケアをすることが大事ですね。歯科医院には女性スタッフが多いので、親身になってくれるはずです。もし、気になることがあって、「聞きたい」「相談してみたい」と思ったら、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックにご連絡またはお越しくださいませ。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 口臭の悩み

  2. 私ってニオッてるの?

  3. もとから断つには、まず歯周病を治す

  4. 本人では気づきにくい口臭はどこからやってくる?

  5. 口臭予防の基本とは?

  6. 口臭を予防してお口もからだも元気に!