乳歯が虫歯になった場合、「どうせ抜ける歯だから」としっかりと治療しない親御さんがいらっしゃるかもしれません。しかし、その考え方は大きな間違いです。乳歯の虫歯は口腔内環境や歯並びに、生涯にわたる影響を与えかねません。乳歯も、虫歯になる前にしっかり予防することがとても重要なのです。

歯医者さんを
嫌いにさせないための工夫

pediatric_dentistry_image2

残念なことに、歯医者さんが好きな子どもは滅多にいません。「キーン」という治療器具の音や、お医者さんの白衣、診療室の雰囲気などに緊張してしまうようです。

当院でも様々な工夫をして、子どもの気持ちを和らげるようにしていますが、親の役割も大切なんです。普段から「歯医者さんは、歯を丈夫にしてくれるところ」と説明してあげてください。「悪いことをすると、歯医者さんに連れていっちゃうよ」などと恐怖心をあおったり、「見るだけ」「何もしない」などと騙して連れてくるのもよくありません。治療の後は、必ず「がんばったね」などとほめてあげましょう。こうした親の細やかな心遣いが、子どもの信頼感を生み、「歯が悪くならないよう、歯医者さんに行かなきゃ」という意識につながります。

子どもたちと
子育てママ・パパのための
取り組み

43240951 - parent and child that tries to leave the dentist

歯医者に行くといきなり痛い治療から始まるなら、子どもだけではなく、大人でも歯医者は嫌いになります。当院では、最初は歯科医師やスタッフ、それから診療室や機械に慣れてもらうことから始めるように心がけています。
pediatric_dentistry_image8

お子さんがどうしても治療を嫌がり、また痛みがないときでしたら、その日は無理に治療をせず、日を改めて治療を始めるようにしています。そして例えばお子さんが、治療は嫌がっても診療室まで来れたなら、そのことをほめてあげるようにしています。お子さんが歯医者に信頼感をもてること、安心できることを大事にしています。お子さんが歯医者に安心感を持てるようになれば、よりよい治療と、治療後の予防に結びつくからです。

3歳までに身につけたい
歯磨き習慣

子どもは1歳半~3歳くらいまでの間に、虫歯になる可能性が大きいと言われています。この時期は、乳歯がある程度生え揃う時期で、虫歯菌がうつると進行も早いという特徴があります。虫歯予防のためには、できるだけ小さいうちから口の中をケアし、段階的に歯磨きの習慣をつけさせることが大切です。

pediatric_dentistry_image10

乳歯が生え始めるのは、だいたい6ヶ月前後からです。生え始めたばかりの乳歯のエナメル質は、十分な強度がなく粘膜も弱いため、濡らしたガーゼや水を含ませた綿棒で汚れをぬぐい取るように優しく磨いてあげましょう。乳幼児向けの、歯磨き専用の綿棒も発売されています。歯が増えてきたら、乳幼児向けの歯ブラシで磨いてあげましょう。生後9ヶ月から1歳あたりまでに、前歯はほぼ生え揃います。奥歯も生えて、乳歯列が整うのは、2歳前後です。

この時期は、親が乳幼児用の歯ブラシを使って、歯磨き剤を使わずに歯磨きをしてあげましょう。乳幼児自身が、専用の歯ブラシで歯を磨く習慣を身につけることも大切です。乳幼児専用の歯磨きトレーニング用ブラシも市販されていますので、上手に利用して下さい。このとき、子どもに「歯磨きは楽しい」と思わせるように、優しい表情で、楽しく声かけをしてあげましょう。

pediatric_dentistry_image4

乳幼児に歯磨きが習慣づいたなら、3歳頃には自分で歯磨きができるようになります。しかし、まだ上手には磨けませんので必ず親が仕上げ磨きをしてあげて下さい。歯磨き剤は、うがいができるようになってから少しだけ使います。注意したいのは、歯磨き後の親のチェックです。10歳くらいまでは一人で十分な歯磨きをするのは難しいものです。子どもが歯磨きをした後には親が口をチェックして、磨き残しのないよう仕上げ磨きをしてあげましょう。

気をつけたい食生活

虫歯予防に最も大切なのは、節度のある食生活です。幼い頃の食生活は、その後の食事の好みや食習慣に大きな影響を与えます。子どもが喜ぶからと、好きなものばかり食べさせていては、歯のためにならないのです。

よく噛んで食べさせよう

pediatric_dentistry_image5

ひと昔前の日本人は、歯ごたえのあるものを多く食べていたため、噛む回数が現在の2倍くらいあったそうです。よく噛めば、だ液が分泌され、虫歯菌が出す酸を弱めてくれます。また、よく噛んで食べることは、強い歯をつくり、あごの発達を促進します。十分にあごが発達しないと、永久歯が生える本来のスペースが確保できず、不正咬合(悪い歯並び)の原因にもなります。子どもが食事をしているときは、「よく噛んだ食べようね」などと声をかけ、よく噛むことを習慣づけさせてください。

バランスのよい食事を
規則正しく

pediatric_dentistry_image6

食事の回数が多かったり、頻繁に間食すると、その分だけ虫歯の危険性が高まります。規則正しい時間に食事をすることが、虫歯予防につながります。また、バランスのよい食事をすることは、虫歯菌や歯周病菌に対する抵抗力を高め、強い歯をつくります。一般に、日本の伝統的な家庭料理の方が、歯の健康には望ましいといえます。また、家族に食べ物の好き嫌いが激しい人がいると、子どもにも影響します。家族の食生活を見直すことは、子どもの歯の健康にもつながるのです。

おやつの内容にも注意して

pediatric_dentistry_image7

子どもはよく体を動かすのに胃が小さく、食事だけでは十分なエネルギーを補給できません。それを補うのがおやつです。おやつでも、歯の健康を十分に考える必要があります。季節の野菜や果物、口の中に長く留まらない食べ物、噛みごたえのあるナッツやスルメなどはおすすめのおやつです。油や塩分、砂糖を多く含む食品は、できるだけ避けましょう。また飲み物も、糖類が多く含まれるジュースや、人工甘味料が入ったものには注意しましょう。スポーツドリンクにも、意外に多くの糖分が含まれています。

6歳臼歯を守ろう

pediatric_dentistry_image11

5、6歳になると乳歯の一番奥歯よりさらに奥に、「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。6歳臼歯は生えはじめからすっかり生えるまでにとても長い時間がかかります。しかも、真っすぐ生えてくるのではなく、最初は舌の方向に向かって生えてくるため、その後自力で舌の筋肉を使い、頬側へ立ち上げていかなくてはいけません。6歳臼歯は噛む力が最も強く、歯を食いしばるうえで一番重要な歯ともいえます。

ですが、生えてきたばかりの歯はまだ軟らかく、虫歯菌に侵されやすい状態。さらに6歳臼歯は見えにくい位置に生えるので、その存在自体に気づかないことが多く、ブラッシングでもなかなかいき届きません。噛み合わせの面の溝が細く入り組んでいて、汚れが入りこみやすく取れにくいという特徴もあります。大切な6歳臼歯を守るためにお子さんのお口の中を小まめにチェックし、仕上げ磨きを続けてあげましょう。汚れが入りこまないよう溝をあらかじめふさぐ、「シーラント」という予防処置がおすすめです。

シーラントとは?

歯の再石灰化を促すフッ素が配合されているプラスチックを深い溝に埋めることで、汚れが入りこむことを防ぎ、ブラッシングしやすい状態をつくりだします。ケアの難しい時期をシーラントの助けを借りて乗り切りましょう。
★歯は削りません。
★外れる場合もあります。
★絶対虫歯にならないわけではありません。
シーラントは時間が経つとすり減っていくため、定期的に処置を受けましょう。

pediatric_dentistry_image12

定期検診を受けましょう

歯科衛生士に歯磨きの指導を受ける子供

定期検診はお子さんの口腔内環境をより良い状態に導くとともに、親御さんが抱いている様々な疑問や不安にお答えできる機会です。虫歯や歯並びなどの異常を早期に発見することで、影響を最小限にとどめることができます。当院ではお子さんの成長にあわせ、年齢にあった情報をご提供しております。お子さんの大切な歯を守るために、定期検診を受ける習慣をつけましょう。

歯並びが
気になりはじめたら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あごが細く小さい子が増えてきています。遺伝的な要因に加え、あごの成長が充分でないことが原因とみられています。あごが小さいと永久歯が生え揃うためのスペースが足りず、歯並びや噛み合わせが悪化します。子どもの矯正治療の必要性は今後高まっていくでしょう。矯正治療はあごや歯の発達段階ではじめるのがベストです。ただし、最適な治療開始時期はそれぞれ異なります。子どもの成長を見守りながら、適切な時期に治療を開始し、効率的に進めましょう。

保護者の方に満足いくまで説明してから治療をはじめます。また、お子さんにも練習や説明をしながら治療を進めていきます。当院は大切なお子さんの健やかなお口の発育を第一に考えています。お子さんの歯科治療や予防はぜひ当院へお越しください。