歯並びがどうしても気になって、口もとを見られたくない.... 人前ではとうてい笑えない.... という悩みを抱えている方は少なくありません。歯並びの悪さは見た目が悪くなるという、ご自身にとっては大変大きな問題だと思います。しかし、歯並びの悪さによって影響する問題は、見た目だけではないのです。歯並びが悪い場所はブラッシングしにくく虫歯になりやすい、細菌が残りやすいので歯周病になるリスクが高い。噛み合わせが安定しないので、加齢による顎関節症になりやすい。歯並びの悪さから全身のバランスが崩れ、頭痛・肩こり・腰痛などを引き起こす。こういった様々なハンデを感じて生きていかなければなりません。たかが歯並びと軽く視てはいけないのです。

矯正治療を必要とする
悪い歯並び

歯並びや噛み合わせが悪い状態のことを不正咬合(ふせいこうごう)と言います。あなたの歯並び、またはお子さんの歯並びは次のどれに当てはまるか探してみてください。

叢生
(そうせい)

0467001014乱杭歯(らんぐいば)ともいい、歯が規則正しくないガタガタな生え方をした歯並び。八重歯(やえば)もこの歯並びの一種です。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)

0467001011よく言われる「出っ歯」のことです。上の前歯や上顎そのものが、前に突き出た歯並びです。前歯が強調された見た目になります。

下顎前突
(かがくぜんとつ)

0467001012下の歯や下顎そのものが、前に突きでた歯並び。本来は上の前歯が下の前歯より前にあります。一般的に「受け口」と呼ばれています。

開咬
(かいこう)

0467001016奥歯はしっかり噛んでいるのに、上下の前歯が噛まずに隙間があり、口がいつも開いた状態になっていることをいいます。

過蓋咬合
(かがいこうごう)

0467001015噛み合わせたときに、上の前歯が下の前歯に深く被さり、正面から見ると下の歯が隠れてしまいます。

正中離開
(せいちゅうりかい)

0467001013真中の2本の歯が離れて、隙間があいているものをいいます。一般的に「すきっ歯」と呼ばれています。

大人になってからでも
遅くありません

closeup   young  woman face with blur background

矯正治療は子どもの頃にするものと思っている方も多くいらっしゃると思いますが、矯正治療には特に年齢制限はありません。お口の中の状態によってはできない場合もありますが、大人になってからでは遅いということはありません。「今さらやって意味ありますか?」と問いかけるには早すぎます。今や日本の平均寿命は男女共に80歳を超えています。長い人生の中、遅すぎるとご自身で決めつけるのはもったいないです。当院は大人になってから矯正治療を始める方を全力で応援いたします。

無料相談を受け付けております

orthodontic_dentistry_imege3

矯正治療は、ある程度の時間やお金が必要です。長期的な計画で治療に臨む必要があります。もし治療に関して不安があれば、それはおかしくありません。だからこそ、聞いてください。当院では矯正相談を無料で受け付けております。矯正に興味はあるけど、なかなか踏みだせないという方も、お気軽にご相談ください。お電話またはNET予約からお申込みいただけます。

矯正治療メニュー

小児矯正

orthodontic_dentistry_image4

小児矯正とは、まだ乳歯が生えている時期から矯正治療を開始して、永久歯がきれいに並ぶスペースを確保してから、理想の位置に歯を並べる処置です。乳歯の歯並びを整えるためではなく、あごの骨がまだ柔らかく、これから成長する力を利用して、あごの骨のずれを改善したり、あごを広げたりして将来の永久歯がきれいに生えそろうスペースをつくるのです。大人になってから歯列矯正すると抜歯をしなければならないことがありますが、小児矯正から始めていれば、抜歯を避けられる可能性が高まります。対象年齢は4歳~8歳までとなります。

基本料金 5万円(税抜)
精密検査料
保定装置料
月々調整料 5千円(税抜)/ 月
awareness_orthodontic_treatment_image02

目立ちにくい表側矯正

orthodontic_dentistry_image6

矯正治療は、歯の表側に矯正装置を装着することが一般的に用いられます。 皆さんが想像する表側矯正治療といえば、金属製のギラギラした装置を思い浮かべると思いますが、最近では審美性を追求した目立たない装置が出てきました。当院ではなるべく目立ちにくい透明のブラケットを採用しています。矯正装置が見えることに特別な抵抗が無い方には第一の選択肢となります。※透明のブラケットは、上の歯5-5、下の歯3-3が対象範囲となります。その他の歯はメタルブラケットになりますが、正面から見えにくいように配慮した位置への採用となっております。

基本料金 50万円(税抜)
精密検査料 5万円(税抜)
保定装置料 5万円(税抜)
月々調整料 5千円(税抜)/ 月
awareness_orthodontic_treatment_image04

ハーフリンガル矯正

orthodontic_dentistry_image7

「裏側矯正は費用がかかる」という悩みは多いです。表側矯正と比較すると、オーダーメイドで矯正装置を作成し、狭いお口の裏側で操作をするために手間がかかり、その分、矯正費用が高くなってしまいます。そこで、ハーフリンガル矯正をオススメしております。ハーフリンガルとは、目立ちやすい上の歯並びだけ裏側に矯正装置をつける治療方法です。もちろん下の歯並びには目立ちにくい表側矯正装置を装着します。下の歯並びは上に隠れている傾向が多いため、これだけでかなり目立ちません。さらに上下裏側矯正と比較しても手間がかからないため結果的に治療費も抑えることができます。

基本料金 75万円(税抜)
精密検査料 5万円(税抜)
保定装置料 5万円(税抜)
月々調整料 5千円(税抜)/ 月
awareness_orthodontic_treatment_image06

リンガル裏側矯正

orthodontic_dentistry_image8

裏側矯正(舌側矯正)とは、歯の表側に器具を付けるのではなく、歯の裏側に器具を付け、矯正を行っていく治療法のことです。矯正器具を歯の裏側に付ければ、人に気付かれることがなく、矯正治療を行うことができます。「歯並びは気になるけど、見える矯正装置を付けるのはイヤ!」そんな抵抗感から矯正ができない方や、職業柄、目立つ装置が付けられないという方には最適な治療法です。大人(社会人)になってからでも矯正治療を始める一歩を踏み出すことができるきっかけにもなり、男女共に支持率が高いです。

基本料金 95万円(税抜)
精密検査料 5万円(税抜)
保定装置料 5万円(税抜)
月々調整料 5千円(税抜)/ 月
awareness_orthodontic_treatment_image08

マウスピース矯正

orthodontic_dentistry_image9

取り外しができる、透明なマウスピース型の装置を使用する矯正治療です。定期的に装置を交換して徐々に歯を動かしていきます。※「マウスピース矯正」は、残念ながら全ての症例に適用できるというわけではありません。ワイヤーを使った矯正治療よりも緩やかな矯正になりますので、歯の根を大きく動かす必要があるような症例には使用できませんし、抜歯が必要な症例については、ほとんどが適用外になります。顎の骨が上下、左右でずれている場合も対象外となります。

基本料金 70万円(税抜)
精密検査料 5万円(税抜)
保定装置料 5万円(税抜)
月々調整料
awareness_orthodontic_treatment_image10

矯正治療費に含まれていない費用について

矯正治療期間内で虫歯や歯周病になったときの治療費は、矯正治療費に含まれておりませんので、別途お支払いいただきます。
矯正治療において、歯をきれいに並べるために抜歯をすることがあります。病気ではない健康な歯を抜きますので便宜抜歯といいます。矯正治療に伴う抜歯は自費治療となり、健康な歯を抜くことは保険治療では認められていないため、自費治療である矯正治療の抜歯は保険適応が出来ません。当院では抜歯・消毒・飲み薬などの費用を全て含めて1本当たり8,000円(税抜)で行っております。
矯正治療が終了した後は、保定観察期間に入ります。矯正治療で手に入れたキレイな歯並びをしっかり維持させるためにも、保定装置の使用と保定観察が必ず必要になります。保定観察の来院頻度は1~3ヵ月に1回の通院となります。保定観察費の5,000円(税抜)は来院毎お支払いいただきます。

お支払い方法について

現金(通常の支払い方法です。)
カード(各種クレジットカードがご利用いただけます。)
各種クレジットカード

ローン(分割払い)
歯科治療専用デンタルローンの取り扱いを行っております。最長84回(7年)までの分割支払いが可能です。(金利手数料負担あり)

矯正治療の流れ

Step1.初診相談

SONY DSC

初診時のカウンセリングでは、
・治療の必要性や適切な治療の開始時期
・予測される治療方法(矯正装置)
・治療期間及び費用
の概略について説明します。
小中学生、高校生の方は、保護者の方とご来院ください。

Step2.精密検査

54834171 - panoramic x-ray jaw. a dentist holding an x-ray the patient's tooth

診断に必要な歯の型を採取し、
・お顔やお口の中の写真
・パノラマレントゲン写真
・頭部X線規格写真(セファログラム)
など、診断・治療計画を立てるために必要な検査を行います。

Step3.治療計画の説明

43740220 - mother and child to undergo counseling

診断のための資料を分析した結果をご説明します。現在の状態、問題点についてお話し、治療方針や方法をご提案します。費用や期間についてもお話させていただきます。矯正治療は患者さんのご協力なしでは成り立ちません。特にお子さんの場合は、ご家族の方(保護者)にご理解ご協力を得て、十分に行っていきます。

Step4.治療開始

39918124 - women receive counseling

治療内容に納得し契約すれば、いよいよ矯正治療の開始です。装置を装着するタイミングなど、治療の進め方は症状によって異なります。まずは唾液検査を行い、虫歯や歯周病を予防するための歯磨き指導や口腔内清掃が行われます。

Step5.装置装着

50347336 - young attractive man on a review of the doctor dentist.

大半は1ヵ月に1度の通院のペースで装置の調整を行い、少しずつ歯並びを矯正していきます。治療の段階によっては、装置の種類や通院頻度が異なる場合もあります。予約日に来院できないと治療の進行が遅れる場合があるので、スケジュールを確認して、しっかりと通院しましょう。

Step6.治療終了、保定

orthodontic_dentistry_image15

理想の歯並びになったら矯正治療の終了です。ここで油断は禁物。装置が取れた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いてしまいます。動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで、保定装置(リテーナー)を装着します。通院は通常、1~3ヶ月に1回程度。だんだん間隔をあけていきます。

当院は、より多くの患者さんに矯正治療を受けていただくため、「悪い歯並びの悩み」「費用の悩み」「矯正装置の悩み」「治療期間の悩み」など、矯正治療における全ての悩みを解決できる矯正歯科治療を目指しています。歯並びで悩む方をできるだけなくし、矯正治療を受ける喜びをより多くの人に感じていただける歯科医院になれるように全力で取り組んでいます。皆さんのご来院をお待ちしております。