妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすくなることをご存じですか? ホルモンの分泌量やだ液の成分の変化が要因で、お口の中の環境が大きく変わることが影響しています。妊婦のお口の健康は自分だけの問題ではなく、胎児にも影響を与える可能性があるのです。生まれてくる大切なお子さんのためにも、時期にあった適切なケアで、お口の健康を守りましょう。

妊娠性歯周炎に要注意!

maternity_image2

妊娠中にはエストロゲンやプロゲステロンといった、女性ホルモンの分泌が活発になります。これらのホルモンは歯周病菌が繁殖しやすい状態をつくりだし、血管や免疫にも変化を与えます。そのためごく少量のプラーク(歯垢)や歯石でも、歯茎の腫れや炎症が起こりやすい状態です。それによって起こる妊婦の歯周病を、「妊娠性歯周炎」と呼びます。そして妊娠性歯周炎には、特に注意が必要です。妊婦の喫煙や飲酒、歯周病などへの感染は、低体重児出産のリスクを高めます。歯周病にかかっている人が低体重児出産を経験する割合は、かかっていない人とくらべ、約7倍といわれています。生まれてくる赤ちゃんのために、歯周病予防は必要不可欠なのです。

妊娠中の治療に適した時期

maternity_image3

妊娠中に「歯科治療を受けてはいけない」という時期は、基本的にありません。しかし、妊娠初期はつわりなどの影響で、体調が不安定になります。流産の危険性もないとは言い切れないので、痛みへの不安や緊張を感じやすい歯科治療は、避けたほうが無難です。妊娠初期は応急処置程度にとどめ、安定期(妊娠中期)に入った段階で治療をはじめましょう。妊娠中期に入ると歯科治療におけるリスクはほとんどありません。ただし妊娠中は胎児への影響を避けるために薬が飲めないので、鎮痛剤を使えない点には注意が必要です。そのため緊急の場合をのぞき抜歯は行わず、できる限り出産後の処置をおすすめしております。

産まれてくるお子さんのための
虫歯予防

虫歯の治療をしましょう!

maternity_image4

妊娠中と出産後、どちらのほうが歯医者に通いやすいと思いますか?もちろん個人差はありますが、出産後の方が通院が大変になることが多いようです。妊娠をしたら産婦人科へ行くのと同じように、歯医者へも行きましょう。虫歯や歯茎のチェックをして、いつどのタイミングでどういう治療をするのがベストなのかしっかり話し合いましょう。

元々、赤ちゃんのお口の中には
虫歯菌はいません!

maternity_image5

1歳7カ月~2歳7カ月くらいをピークにお母さんをはじめ、周りの大人の口から感染します。つまり、周りの大人の虫歯菌をできるだけ減らしておけばお子さんの感染年齢を遅らせて、虫歯予防につながります。

歯茎のケアをしましょう!

maternity_image6

妊婦さんが中等度以上の歯周病にかかっていると、低体重児出産のリスクが高くなることがわかっています。あなた自身と大切なお子さんのために歯茎のケアもしっかりしましょう。

当院では、みなさんのお話をよく聞いて、お口の状態や治療・予防法についてよく話をさせていただきます。不安な状態で怖いのに治療なんてしたくないですよね? 安心してリラックスできるように「今、なにが必要なのか?」「今、なにができるのか?」を一人ひとりに合わせた治療を心がけています。あなた自身とあなたの大切なお子さんのお口の健康を守るお手伝いをさせてください。それが、歯科・矯正歯科アールクリニックの想いです。