インプラントは入れ歯やブリッジと同様、失った歯をおぎなうための補綴(ほてつ)治療の一種です。歯を失った部分の顎の骨に、外科手術によってインプラントと呼ばれる人工歯根を埋めこみ、骨と充分に結合するのを待ってセラミック製の人工歯を装着します。インプラントの魅力は、周りの健康な歯を傷つけずにきれいな歯を手に入れることができ、さらに入れ歯やブリッジとは違って、違和感や異物感に悩まされることなく、しっかりと噛めて、自然に近いかたちで生活が送れることです。

こんな方にお勧めします

Person who wants to recommend implant
  • 自分の歯のように見た目がきれいな歯が欲しい方
  • もう一度、自分で噛める健康な歯に戻りたい方
  • 虫歯や歯周病で、歯を抜くことになってしまった方
  • 事故やアクシデントで、歯が折れてしまった方
  • 入れ歯に抵抗のある方
  • 入れ歯を何度も作り直している方
  • 入れ歯のお手入れが面倒な方

インプラントの仕組み

インプラントは3段階に分かれており、

  1. フィクスチャー(人工歯根)をあごの骨に埋め込みます。
  2. インプラントが骨と結合したら、上部に人工歯を付けるための土台(アバットメント)を取り付けます。
  3. その上に人工歯を取り付けます。

fixedpage_image40
フィクスチャー(人工歯根)は骨と親和性の高いチタンで出来ています。チタンと骨はお互いが接触した際に発生する分子の働きによって結合するという特質があるため、ただ単に骨に埋められているだけでなく、骨と直接結合して、まるで生きている骨として取り込まれたように安定した状態になるのです。そのため、自分の歯と同じような感覚で食事をしたり、お話したり出来るのです。

インプラントのイメージ
STEP1.フィクスチャーは根STEP2.アバットメントは茎STEP3.上部構造は花

他の治療法との違い

歯を失ってしまった場合の代表的な治療法である「ブリッジ」や「入れ歯」とインプラント治療の違いについてご説明します。

implant_image1
歯を1本失った場合
歯を数本失った場合
歯を全部失った場合
メリットについて
デメリットについて

インプラントの魅力は、周りの健康な歯を傷つけずにきれいな歯を手に入れることができ、さらに入れ歯やブリッジとは違って、違和感や異物感に悩まされることなく、しっかりと噛めて、自然に近いかたちで生活が送れることです。

治療前の注意点

implant_image2

インプラント治療をするうえで、手術が有効的に行える状態であるかどうか、口腔内と全身の健康状態を把握するための診査・診断を行います。その結果、まれにインプラント治療に不適合な場合があります。また、他の治療や処置を行うことによってインプラント治療が可能となる場合は、そちらを終えてからインプラント治療を開始します。

インプラント治療の妨げとなる主な症状
歯周病喫煙糖尿病骨量の不足

このように、インプラント治療を始めるにあたり、身体や口腔内環境を整える必要があります。家を建てるときの地盤づくりのように、インプラントを埋め込むためには、しっかりとした土台(身体・口腔内)づくりがとても重要なのです。

治療の流れ

インプラントの治療には、外科手術が伴います。手術にはいくつかの方法がありますが、ここでは一般的な二回法(手術を二回行う)をもとに、治療の流れをご説明します。

1.カウンセリング
2.検査・診断
3.治療開始の準備
4.一次手術(インプラントの埋込)
5.治癒期間(結合期間)
6.二次手術(インプラント上部構造のセット)
7.人工歯の取り付け
インプラントの手術法について
14022831 - young dentists operate on a tooth

インプラントの手術法には、1回法と2回法の2パターンがあります。1回法と2回法は、手術の回数だけが異なっているのではなく、下記のような違いがあるため、人によって選択肢が異なります。手術の回数が少ないほうが良いと思われますが、インプラントの耐久性や安全性を高めるために、何回か手術をすることになる場合もございます。担当医とよく相談し、納得した方法を選択してください。

身体への負担と手術の時間適応される病状感染の可能性治療期間の違い

1回法は、歯肉を切開する回数が少なく、手術時間も短いので、2回法と比べて身体への負担が軽くなります。

1回法は2回法と違い、手術回数が少ないので、治療期間は短くなります。

治療中・治療後の注意

jaw bone

きちんと骨と結合したインプラントは、半永久的に口腔内で固定を得ることが出来ますが、いくらインプラントと骨が結合していても、土台となる骨の部分にトラブルが起きれば、骨はインプラントを支えることが出来なくなってしまいます。そのため、治療中や治療後は、インプラントの土台となる骨の部分を健康に保つ必要があり、ご自宅でのセルフケアと定期的なメンテナンスが必要になります。

セルフケアについて
メンテナンスについて

気になる治療費について

Anxious treatment costs

インプラント治療は公的保険適用外となります。よって自費治療となり、その治療費は医院によって異なります。費用が安いに越したことはないのですが、確実性の高い治療方法やインプラント素材の信頼性を考慮した上で、適正な料金設定をさせていただいております。

安心の有名メーカースタンダードプラン
当院が誇る最高級品質プレミアムプラン
お支払い方法について
医療費控除について

保証について

皆様により安心してインプラントをご利用いただけますよう、治療後のインプラント体(フィクスチャー)は10年間の保証をお約束しております。上部構造については、5年間の保証となります。

implant_image5
10年保証の詳細(インプラント体)
5年保証の詳細(上部構造)
保証に関する注意事項

インプラント治療とはどのようなものか、お分かり頂けましたか?治療前後の対策も含めて、きちんと理解したうえで、インプラント治療を行うことで、第二の永久歯を手に入れることができます。しっかりと噛める歯で、再び快適な生活を取り戻しましょう。